[collection-model.net]トップページに戻る

ところどころで記事内にモデル画像などが登場しますが、ツイッター/インスタグラム社が提供している記事埋め込み機能を活用している形であり、写真や映像を無断使用/転用しているわけではありません。

3センチのコンプレックス/沢樹舞著 - 書評/評判/口コミ/内容/目次など

カテゴリ名:モデル向けのメントレ本

 

 

 

3センチのコンプレックス/沢樹舞著

 

 

こちらは、

1992年に渡仏し、現地で大手モデル事務所の「マリリン」に加入し、

パリコレに挑戦したことがある90年代の国内トップモデル、

身長175cmの沢樹舞さんによる本。

 

タイトルの「3センチのコンプレックス」とは、

身長175cmと178cmという3センチの差は、

コレクションモデルの世界ではどれほど大きいかという意味。

 

当時のモデルの過酷さがとても伝わってくる、

色々な意味でためになる内容になっています。

 

 

 

 

3センチのコンプレックス [ 沢樹舞 ]

 

 

 

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

大学受験に失敗して、なんの目的もなくとりあえず就職。

夜遊びのつけは、身体にしっかり肉となって現れた。

わが身の醜さにダイエットを決意、目標体重を達成した時点で退職しモデルに転身。

モデルの仕事は想像以上に厳しい競争世界。

175センチでも小さく、サイズも太め。吐き続けながらも新たな目標を目指して努力した。

自分は何をしたいのか?つねに自問自答しながらの毎日。

自分探し・生きがい探しの人へのアドバイスを満載。

 

 

 

【目次】

  • プロローグ サンテミリオンでのハーベスト
  • 第1章 自分の目標を見つけたい
  • 第2章 モデルの日々
  • 第3章 3センチのコンプレックス
  • 第4章 立ち止まってはいられない
  • 第5章 ワインが救世主
  • エピローグ 新しい人生が待ちうけている